【DeNA】ドローでエキシビ3戦勝ちなし 今永昇太5回1失点、田中健二朗3年ぶり1軍登板

DeNAが1―1で楽天と引き分け
DeNAが1―1で楽天と引き分け

◆エキシビションマッチ 楽天1―1DeNA(30日・楽天生命)

 DeNAが1―1で楽天と引き分け、エキシビションマッチは3戦勝ちなしの2敗1分けとなった。

 投手陣は持ち味を発揮した。先発した今永は2回に黒川に適時打を浴びたが、5回74球で3安打1失点。エース左腕としてさすがとも言える投球を見せ「先週のファームでの登板では立ち上がりに失点してしまったので、課題としてマウンドに上がりました。(捕手の)益子と組んでみて新しい発見もあったので、自分の意思を感じ益子と一緒に試合を作れて良かったです」とうなずいた。

 6回は2番手の三上が無安打無失点で抑えると、7回は田中健が3年ぶりに1軍マウンドに帰ってきた。19年に左肘トミー・ジョン手術を受け、育成契約も経験。18年9月16日阪神戦(横浜)以来1048日ぶりの1軍登板で1回1安打無失点。三浦監督が「やってきたものを見せてもらえたらなと思います」と期待していたとおり、失点することなく28球を投げ終えた。

 8回は平田、9回はシャッケルフォードが登板し、ともに無失点。打っては5回に代打の伊藤光が適時打を放った1得点だけだった。そんな中でも伊藤裕、楠本はエキシビションマッチ3試合連続安打。1軍定着を狙う2人が好アピールした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請