八尾中央、ミラクル優勝!...第29回東大阪市長旗争奪野球大会

サヨナラ勝ちで優勝を決め喜ぶ八尾中央ナイン
サヨナラ勝ちで優勝を決め喜ぶ八尾中央ナイン

◆第29回東大阪市長旗争奪野球大会 ◇中学生の部 ▽決勝 八尾中央ボーイズ2-1尼崎ボーイズ(25日・花園セントラルスタジアム)

「第29回東大阪市長旗争奪野球大会」(中学生の部)は25日決勝が行われ、八尾中央ボーイズ(大阪中央支部)がサヨナラ勝ち。3年生にとって最後の公式戦で、チーム初優勝を劇的に飾った。

 ホームベースの先には、笑顔の仲間が待っていた。1―1の7回。1死一、二塁から中川の打球が右前で弾んだ。生還した二塁走者・弘田主将は、そのまま八尾中央ナインの輪に飛び込んだ。「打席に入る前から僕がホームを踏むと言っていた。実現できてよかった」。この回、先頭打者で右前打で出塁。有言実行でサヨナラ勝ちを演出したキャプテンも、また笑顔だった。

 初回に1点を先制されたが、その裏すぐに大嶋が「風にも乗った。(勝利に)100%貢献できた」と右翼へ同点アーチ。その後は先発・山田が「最初は緊張したが、あの本塁打で気持ちが楽になった」と5回を4安打1失点。2番手・田上も2回を1安打無失点でしのぎ、劇的勝利につなげた。

 3年生にとっては最後の公式戦。3回戦(対奈良葛城)では、6回に追いつき抽選勝ち。準々決勝は選手権出場の橿原相手に、2回まで5点リードを許したが逆転勝利。準決勝(対播磨)でも7回2死から3点差を追いつくと、延長8回にサヨナラ勝ちを決めた。“ミラクル勝利”連発にも弘田は「奇跡ではない。みんな頑張った結果です!」ときっぱり。そしてチーム初優勝も、ドラマチックに決めた。

 殊勲打の中川は、決勝まで無安打と苦しんだ。大一番も2打席凡退。だが、最後の最後でヒーローになった。「心の底からうれしい。みんながいたから、ここまで来られた」。感激の涙はしばらくすると、とびきりの笑顔に変わっていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請