篠原信一氏が分析 ウルフ・アロン五輪直前に趙対策で弱点克服し雪辱 男子重量級で価値ある金メダル

スポーツ報知
男子100キロ級決勝、ゴールデンスコアの末に一本勝ちし、金メダルを獲得したウルフ・アロン(左)を称える趙グハム(カメラ・相川 和寛)

◆東京五輪柔道男子100キロ級(29日・日本武道館)

 男子100キロ級のウルフ・アロン(25)=了徳寺大職=と女子78キロ級の浜田尚里(しょうり、30)=自衛隊=がともに金メダルに輝いた。男子100キロ級での金メダルは、2000年シドニー五輪の井上康生(現日本男子監督)以来、5大会ぶりで史上8人目の「柔道3冠」。浜田は2008年北京五輪の内柴正人の30歳1か月を超える30歳10か月での日本柔道最年長金メダリストになった。柔道の金メダルは今大会8個(男子5、女子3)となり、過去最多の04年アテネ五輪と並んだ。日本全体では15個に達し、1964年東京とアテネ両五輪の最多16個にあと1と迫った。

 * * *

 男子の重量級で価値ある金メダルを獲得したウルフが、最も警戒していた選手が韓国の趙だった。19年世界選手権で不覚を喫した左の一本背負いの対策を6月に天理大で徹底した。“仮想・趙”の大学生にガチで投げられたほど、左の背負い投げを打つ選手が苦手で、その弱点を克服し五輪に臨んだことが良かった。

 ともに指導1つが入れば勝負が決まる延長戦では相手に指導が入ってもいいほど、しつこく圧力をかけ、足技で何度も攻撃を仕掛けた。最後は相手も根気負けしていて、ウルフはタイミング良く左の大内刈りで仕留めた。

 この重い階級にしては小ぶりな身長181センチ。不利な体格差を把握した上での戦い方をよく勉強していて、上背のある相手には重心を低く下げて、下から下から攻撃する。自分より背が低く担ぎ技を得意とする趙には自分の距離を作り、徹底して相手に主導権を取らせない戦い方をした。

 “名は柔道を表す”というように、まさにオオカミ(ウルフ)のごとき、獲物をじわじわと追い詰め、最後にガブリとやるウルフの柔道を見せてくれた。(00年シドニー五輪100キロ超級銀メダル、前男子日本代表監督・篠原信一)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請