田臥勇太 東京五輪にNBA選手続々登場 世界レベルを見て子供たちに勉強してもらいたい…アスリートリレーコラム

田臥勇太
田臥勇太
バスケットボール・スロベニアのドンチッチ(ロイター)
バスケットボール・スロベニアのドンチッチ(ロイター)

 東京開催でありがたいのは、たくさん競技を見ることができること。毎日、テレビのチャンネルを変えながら、「いつどこでやるんだ」ってチェックしたり、チームのコーチ陣に教えてもらったりして、バスケを見ています。

 男子バスケの1次リーグも始まりました。NBA選手も続々登場。やはりスロベニア代表でマーベリックス所属のルカ・ドンチッチは、3点シュートもステップバックしながら決めますし、中に切れ込んで彼にディフェンスが集中したところで、パスがさばける。余裕もあってすごいなと。五輪に出てくる国は、決めるべきところでのシュート精度が非常に高い。あれが世界のレベル。それを毎試合日本で見られるのは、僕らはもちろん、子供たちにとって非常にありがたいこと。世界レベルを見て勉強してもらいたいなと思います。

 開幕前は米国が勝つと思っていましたが、初戦でフランスに負ける番狂わせがありました。とは言いつつも米国が勝つんじゃないかなと思っています。個人的にはポイントガードなので、アルゼンチンのカンパッソに注目しています。好きなんですよね。日本とも戦うので、日本を応援しながら、彼がどんなプレーをするのか気になるところです。

 3人制バスケも男女とも連日熱戦を見させてもらいました。男子代表の落合知也選手とは一緒にプレーしたことがあり、アイラ・ブラウン選手とは昔から対戦していたので、彼らが頑張ってくれるのは刺激になります。初めて世界トップクラスの3人制を見ましたが、切り替えも速く、5人制では笛を吹かれるファウルも吹かれない。全く違う競技ですね。やってみるかと言われれば、ちょっと自分は無理だろうなと思います(笑い)。

 五輪では毎日感動をいただいていますが、最近ではソフトボール女子の金メダルが印象に残っています。僕は現在40歳で、上野さんは39歳。ほぼ同世代ですね。この大会にかける思いを見ているだけで感じましたし、それで結果も残すって、ほんと簡単なことじゃない。気持ちの部分もすごく勇気づけられた。あとメダル取ったみなさんは、すごく周りの方に感謝されているなという印象を受けます。同じアスリートとして大切にしないといけないと教えてもらっています。(Bリーグ宇都宮ポイントガード・田臥勇太)

田臥勇太
バスケットボール・スロベニアのドンチッチ(ロイター)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請