桃田賢斗、まさかの敗退にツイッターで心境を吐露…「人生において貴重な経験をすることができました」

スポーツ報知
桃田賢斗(ロイター)

 バドミントンの世界ランク1位・桃田賢斗が28日、自身のツイッターを更新した。

 桃田は東京五輪の男子シングルスの1次リーグ最終戦で世界ランク38位の許コウ熈(韓国)に15―21、19―21のストレートで屈し、敗退した。桃田は1勝1敗で1次リーグA組2位となり、各組の1位だけが進む決勝トーナメント(T)進出を逃した。

 まさかの敗退に桃田は「結果は本当に悔しい形になってしまいました。ただ今まで本当に辛い時も支えてくれた方々や、応援してくれている皆さんのおかげで憧れの舞台に立つことができたことに感謝しかないです」とつづり「この東京五輪という舞台で人生において貴重な経験をすることができました。応援本当にありがとうございました」とツイートした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請