【ヤクルト】特別ルールの後攻で鮮やか先制攻撃「ビジターが続くので」と高津臣吾監督

スポーツ報知
4回2死一塁、福家英登球審に選手交代を告げる高津臣吾監督

◆エキシビションマッチ ヤクルト4―3オリックス(28日・京セラドーム大阪)

 ヤクルトが初回に坂口智隆外野手の適時打とホセ・オスナ内野手の2ランで3点を先制。4回にも松本友内野手のソロでリードを広げると、オリックスの後半の反撃をしのいでエキシビションマッチ2連勝を飾った。

 敵地ながら、この日は後攻。試合前に高津臣吾監督がオリックス側に申し入れて特別ルールで行われた。五輪期間中は本拠地・神宮が使えず、エキシビションマッチは全試合ビジターとなることから、「どこかで(先攻後攻を)ひっくり返してもらいたかった」と高津監督。“仮想ホームゲーム”の1回裏で、さっそく鮮やかな先制攻撃をみせた。

 守っては後半戦の先発ローテーション定着を狙う6年目左腕の高橋が、4回を3安打無失点と好投。習得中のカットボールを織り交ぜた内容に、指揮官は「いろいろ試している中で、反省しなきゃいけない部分もあるけど、全体的にはよかった」と評価した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請