【オリックス】新外国人のラベロが来日

 オリックスは28日、米大リーグ、前ドジャース傘下3Aの新外国人ランヘル・ラベロ内野手(29)=185センチ、106キロ、右投右打=が、関西国際空港着の便で来日したことを発表した。出国前と、同空港到着時にPCR検査を受検し、いずれも新型コロナ陰性判定を受けた。今後は2週間の入国者待機期間を経てチームに合流し、調整を進めていく予定だ。

 ラベロはキューバ出身の一塁手で、外野も守れるマルチプレーヤー。メジャーでは通算42試合で打率1割8分9厘、3本塁打、13打点ながら、マイナーでは同896試合で打率3割2厘、70本塁打、509打点。今季はここまで打率4割7厘、8本塁打、27打点をマークしている好打者だ。数年前から獲得リストに上がっており、後半戦開始前に待望の来日。首位チームにおいて、25年ぶりのリーグ優勝へ向けた“秘密兵器”としての期待がかかる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請