【西東京】日大三、今大会初先発のエース左腕・宇山翼が5安打完封で4強入り

スポーツ報知
5安打完封した日大三・宇山

◆第103回全国高校野球選手権大会西東京大会 ▽準々決勝 日大三3―0創価(28日・スリーボンドスタジアム八王子)

 今大会初先発の日大三のエース左腕・宇山翼投手(3年)が5安打完封で創価を下し、チームの4強入りに貢献した。

 130キロ前半の真っすぐに、変化球を折りまぜた投球で5安打完封。安定した投球で116球を投げきり「スライダーとチェンジアップでカウントがとれたのがよかった」と笑顔を浮かべた。

 ここまでの3試合は先発を譲り温存。今大会初めてとなる先発登板に「今日は1回から9回まで絶対に自分が投げ抜くって思って投げました」と気持ちが入っていた。「相手もすごくいい投球をしていましたが、1学年下だったから、絶対に負けたくなかったです」。創価のエース・杉江敏希投手(2年)への対抗心も力に変え、エースの貫禄を見せた。

 31日の国学院久我山との準決勝は初めて東京ドームで行われる。プロの試合が行われる固めのマウンドに対しては「固い方が好きです」と笑顔を見せたが「特に変わることはない。自分のできることをします」とエースは冷静沈着。頼れる左腕が18年以来となる夏の聖地へ向け、沸々と闘志を燃やした。

(水上 智恵)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請