【侍ジャパン】坂本勇人「正直にホッとしている」劇的サヨナラ打で白星発進

スポーツ報知
9回1死満塁、サヨナラ適時打を放ち、ガッツポーズをする坂本勇人

◆東京五輪 野球 1次リーグ 日本4―3ドミニカ共和国(28日・福島)

 侍ジャパンの坂本勇人内野手(巨人)が9回に劇的なサヨナラ打を放ち、初戦の勝利へ導いた。

 「2番・遊撃」でフル出場。1―3の9回に1死から3連打で1点を返すと、甲斐のセーフティースクイズで同点に。直後の山田は中前打を放ち、1死満塁で打席を迎えた。5番手・マリネスの初球を仕留め、中堅へのサヨナラ打。がっちりと右拳を握り、白い歯をのぞかせた。

 勝負所で最高の結果を残し「まずは初戦に勝って、正直にホッとしているなという気持ちが一番です。最高の形でみんながつないでくれた。いい結果になって、まずは勝って良かった」と安どの表情を浮かべた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請