【巨人】2軍はロッテに敗戦 1軍から参加の立岡宗一郎が先頭打者弾含む3安打 陽、重信がタイムリー

スポーツ報知
立岡宗一郎

◆イースタン・リーグ ロッテ7―3巨人(28日・ロッテ浦和)

 巨人2軍はロッテを相手に3対7で敗れた。

 試合は初回から動いた。先頭の立岡がロッテ先発・森の初球をたたき、左中間へ先制ソロ。2死一塁からは陽の適時二塁打でこの回2点を奪った。その後、序盤は両者ゼロ行進が続いた。

 だが、4回に井納が先頭・菅野に左越えソロを許し1点差とされたが、5回無死一塁から重信が適時二塁打を放ち、すぐさま突き放した。それでも5回1死一、三塁から角中の内野ゴロの間に1点を許すと、続くレアードに逆転2ランを浴びるなど先発の井納が粘れずこの回途中で降板となった。

 2番手の育成右腕・平井も6回に2失点。7回から登板した山崎友も1点を失いリードを広げられると、打線も5回以降は無得点。相手を上回る12安打を放つもあと一本が出なかった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請