鈴木聡美、大橋悠依の2冠快挙に「本当におめでとう!!」…鈴木自身以来の複数メダル

鈴木聡美
鈴木聡美

 東京五輪の競泳女子200メートル個人メドレー決勝が28日、東京アクアティクスセンターで行われ、大橋悠依(イトマン東進)が400メートルに続き優勝した。個人での複数メダルは、12年ロンドン五輪の平泳ぎ(100メートル銅、200メートル銀)の鈴木聡美(ミキハウス)以来の快挙で、2冠は男子平泳ぎの北島康介以来の歴史的偉業となった。

 東京五輪代表には落選の鈴木はこの日、ツイッターで「悠依ちゃん2個メも金メダル!?本当におめでとう!!」と祝福。複数メダルは鈴木自身以来の偉業であることを伝えるネットニュースを貼付すると、「らしいです…恐縮です」とつぶやいていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請