関西将棋会、館移転費用にふるさと納税活用…返礼品に藤井聡太二冠の扇子など

スポーツ報知
移転支援のクラウドファンディングに出される藤井聡太二冠の「3一銀」扇子を広げる井上慶太常務理事(右)と脇謙二専務理事

 日本将棋連盟と大阪府高槻市は27日、大阪・福島区の関西将棋会館で、同会館の高槻市移転にかかわる合意書に調印した。新会館は2023年度内に完成予定。移転経費に約13億円かかるため、高槻市は支援策として、ふるさと納税によるクラウドファンディングを28日に始めると発表した。

 専門サイト「CAMPFIRE」を活用。返礼品には藤井聡太二冠(19)が昨年6月の棋聖戦第2局で繰り出した伝説の「3一銀」の局面をデザインした扇子(5万円、高槻市民不可)などが用意された。年内の目標額は1億円。必要経費をのぞき、日本将棋連盟に渡り、移転費に充てられる。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請