【DeNA】エキシビションマッチ黒星発進も新戦力存在感 細川成也が本塁打、進藤拓也&池谷蒼大無失点

スポーツ報知
細川成也

◆エキシビションマッチ ソフトバンク4―3DeNA(27日、ペイペイドーム)

 DeNAは、ソフトバンクに敗れて、エキシビションマッチ黒星スタートとなった。

 先発・坂本裕哉投手の立ち上がりがもったいなかった。初回に2死三塁からリチャードに適時二塁打を浴びて先制点を献上。さらに続く中谷に2ランを浴びて、初回にいきなり3点を失った。さらに2回もアルバレスに左前適時打を許して1失点。4点のリードを与えた。

 坂本は3回以降は立ち直って5回7安打4失点で降板。「追い込んでからの仕留め方を課題として試合に臨みましたが、序盤は追い込んでから安打を許し複数得点を与えてしまいました」と反省しながら、「引き続き決め球の精度を上げられるよう、練習から意識して取り組んでいきたいと思います」と前を向いた。

 三浦監督が「競争」と位置づけたエキシビションマッチ。指揮官の期待に応えるようにして、新戦力が続々とアピールした。打線は4回まで無安打と沈黙していたが、5回に大和の中犠飛で1点を返し、今季1軍出場がない伊藤裕が左翼へ適時二塁打。「がむしゃらに打ちにいきました。タイムリーになりうれしいです」と声を弾ませた。さらに将来の大砲として期待され「4番・右翼」でフル出場した細川が、9回に甲斐野の157キロを左翼に運ぶソロ。存在感を示した。

 投げては今季1軍出場なしの進藤が6回を1イニング無安打無失点。さらに7回もドラフト5位左腕の池谷が1イニングを無安打無失点で抑えて2三振も奪った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請