【DeNA】エキシビションマッチ初戦の4番に細川成也抜てき 佐野恵太、宮崎敏郎、牧秀悟らもスタメン

スポーツ報知
細川成也

◆エキシビションマッチ ソフトバンク―DeNA(27日、ペイペイドーム)

 エキシビションマッチ初戦となるソフトバンク戦(ペイペイD)で、DeNAは「4番・右翼」で細川成也外野手を抜てきした。オースティンは東京五輪米国代表で不在、ソトは遠征に帯同していないが、佐野恵太外野手、宮崎敏郎内野手、牧秀悟内野手らはスタメン入りした。

 細川は16年ドラフト5位で明秀学園日立高から入団した将来の主軸候補。1年目の17年から4年連続で本塁打をマークしているが、今季はここまで26試合の出場で25打数4安打の打率1割6分で本塁打は出ていない。イースタンでは32試合の出場ながらチームトップの10本塁打。パンチ力は本物だ。両軍の以下のスタメンは以下の通り。

 【DeNA】

1(中)桑原、2(捕)伊藤光、3(指)佐野、4(右)細川、5(三)宮崎、6(二)牧、7(左)楠本、8(遊)大和、9(一)伊藤裕、先発・坂本=左

 【ソフトバンク】

1(遊)今宮、2(左)アルバレス、3(中)真砂、4(三)リチャード、5(右)中谷、6(指)野村、7(一)井上、8(二)益田、9(捕)九鬼、先発・笠谷=左

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請