【ヤクルト】雄平が東北高時代の恩師・若生正広氏をしのぶ「もうお会いできないと思うと寂しい」

スポーツ報知
雄平外野手

東北高(宮城)監督時代にパドレス・ダルビッシュらを育てたことで知られる若生正広(わこう・まさひろ)氏が27日朝、仙台市内で死去した。70歳だった。

 東北高時代に指導を受けたヤクルトの雄平外野手(37)は、球団を通じてコメントを発表。「まだまだ、厳しい言葉やアドバイスをいただきたかったです。もうお会いできないと思うと寂しいです」としのんだ。

 雄平のコメントは以下の通り。

 「若生監督の訃報をお聞きして突然のことで非常に残念に思います。私が中学生の時に野球をしている姿を見て声をかけていただいたのが出会いです。厳しい中にたくさんの愛情があり、私は大きく育てていただいたと思っております。定期的に連絡はさせてもらっていたので体調の心配もしていました。数年前に交流戦にご招待したのが生でプレーをお見せできたのが最後だと思います。まだまだ、厳しい言葉やアドバイスをいただきたかったです。もうお会いできないと思うと寂しいです。ご冥福をお祈りいたします」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請