【注目馬動向】2連勝中のマリアエレーナは秋華賞が目標

スポーツ報知
高千穂特別を制したマリアエレーナ(手前)

 7月18日の高千穂特別を制して2連勝中のマリアエレーナ(牝3歳、栗東・吉田直弘厩舎、父クロフネ)は、今後は秋華賞・G1(10月17日、阪神・芝2000メートル)を目標にローテーションが組まれる。

 前走後は放牧に出ており、管理する吉田調教師は「秋華賞が目標ですが、この後のことは秋の番組が発表されてから考えたいです」と先を見据えた。ローズS・G2(9月19日、中京競馬場・芝2000メートル)、もしくは3勝クラスの自己条件のレースを挟む可能性もある。

 同馬は収得賞金1500万円。昨年、この賞金の馬が6分の4の抽選となり、レイパパレ、クラヴェルが除外になっていた。ダービー馬のワグネリアンのめいという血統馬が、秋の大舞台に進めるか注目が集まる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請