宝塚歌劇宙組一筋のスター・和希そらが12月10日付で雪組に組み替え

和希そら
和希そら

 宝塚歌劇団は27日、宙組スター・和希そらが12月10日付で雪組に組替えすると発表した。

 和希は岡山県岡山市出身。2010年4月「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台を踏んだ96期生で、今年12年目。宙組一筋だった。

 14年「ベルサイユのばら―オスカル編―」のオスカル役で新人公演初主演。18年の「ハッスル メイツ!」で宝塚バウホール初主演。今年4月に「夢千鳥」で、2度目のバウ主演を果たした。

 身長は168センチで大型ぞろいの宙組では低く映るが、芝居心、キレのあるダンス、高い歌唱力でマスクもよく、センスあふれる実力派スター。現在、宙組では4番手格で、兵庫・宝塚大劇場で上演中の「シャーロック・ホームズ」では名探偵ホームズ(真風涼帆)を頼るレストレード警部役で出演している。雪組では、トップスター・彩風咲奈、2番手格・朝美絢に続く3番手格として重要なポジションを担うことになりそうだ。

 また、雪組の娘役で外部劇場公演ヒロイン経験もある彩(いろどり)みちるが11月15日付で月組へ、月組の娘役・詩(うた)ちづるが11月4日付で星組へ組替えになることも発表された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請