“みまじゅん”決勝に現れた「謎の中国応援団」にネット上で疑問噴出…感染対策無視で大声

スポーツ報知
金メダルを獲得し表彰式で笑顔を見せる(左から)水谷隼、伊藤美誠のペア

 卓球の新種目の混合ダブルス決勝が26日に行われ、水谷隼(32)=木下グループ=、伊藤美誠(20)=スターツ=組が金メダルに輝いた。日本中が感動に揺れるなか、試合を視聴した人から会場の異様な雰囲気に、多くの疑問の声がネット上に上がっている。

 決勝では許、劉詩組(中国)を4―3で撃破。ゲームカウント0―2からの大逆転。同郷で12歳差の“みまじゅん”ペアが、日本卓球界初の金メダルの悲願を成し遂げた。

 無観客試合のはずが、会場には中国語の応援の声「加油」などの声が大きく響いていた。ネット上では、「謎の中国応援団」、「中国勢数十人」、「アウェーの雰囲気」などがトレンド入り。「後からごちゃごちゃ言いたくはないが確かに『加油(ジャーヨー)』うるさかったよな。試合中に注意しない日本の運営側にも非があると思う。勇気を出して『黙れ』と言わないと」「これ観ててめちゃめちゃ気になった。無観客のはずなのに大声で『加油!加油!』て何かと思ったよ。審判や運営責任者が黙らせなかったのもおかしくない?」「日本側は拍手とか、ささやかな応援しかしてなかったのに、中国側だけ、ばっちりでかい声の応援があって不公平を感じました。皆、感染対策で応援を我慢しているんだから、どの国もそうするべき」「ほんとにうるさかった マナーもルールもあったもんじゃない」と、「謎の中国応援団」への疑問の声が噴出している。

 そのなかでも大逆転勝利を収めた“みまじゅん”ペア。「そんな中でよく頑張ってくれて最高でした」「そんな中でも勢いにおされず、冷静に戦ってた2人はほんとすごい!」など、2人をたたえる声も多くあがっていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請