【神奈川】 横浜創学館・森田監督は横浜OB 13年前の決勝のリベンジに闘志

スポーツ報知
決勝進出を決め笑顔を見せる横浜創学館ナイン

◆第103回全国高校野球選手権神奈川大会▽準決勝 横浜創学館5―2慶応(26日・バッティングパレス相石スタジアムひらつか)

 横浜創学館が、2008年の南神奈川大会以来、2度目の決勝進出を決めた。

 プロ注目の最速149キロ右腕・山岸翠投手(3年)が、12安打を打たれながらも失点2で完投勝ち。この日の最速は141キロだったが、サイドハンドよりやや上から、スライダー、シンカーを両サイドに決め、打たせて取った。

 決勝で対戦する横浜は、森田誠一監督(56)の母校。2年だった1981年夏の甲子園で背番号「13」でベンチ入りしている。

 横浜創学館を率い、初めて決勝に進んだ13年前の相手も横浜。結果は2―8で敗れた。「母校ということは、意識せずにやっていきたい。横浜を越えない限り、甲子園はないんです」と指揮官はリベンジに燃えていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×