大坂なおみ完勝で3回戦進出「金メダルはほしい」

スポーツ報知
3回戦に進出した大坂なおみ(ロイター)

◆東京五輪 テニス女子シングルス2回戦(26日、有明テニスの森公園)  大坂なおみ 6―3、6―2 ビクトリヤ・ゴルビッチ

 第2シードの大坂なおみ(日清食品)は、世界ランキング50位ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)に完勝した。センターコートの第1試合に、前日の1回戦と同じく、赤を編み込んだドレッドヘアを紅白の日の丸カラーのシュシュでまとめて登場した。

 第1セットは第1サーブの確率が50%と低かったが、跳ねるスピンサーブで片手バックハンドの相手が返しにくい場所を狙って、確実にポイントを重ねた。5つのサービスゲームの内3つをラブゲームでキープ。主導権を渡さなかった。4―3の第8ゲームで3度目のブレイクし、第9ゲームはブレイクのピンチをセンターへの強烈なサーブでしのぎ先取した。

 感覚がつかめたのか、第2セットは第1ゲームでリターンエースを決めて、いきなりブレイク。第1サーブに対してはベースライン付近で、第2サーブに対しては時折コートの内側に入ってリターンを構え、プレッシャーをかけていった。

 試合後、コート上のインタビューではサービスゲームの完璧さを問われると「ありがとうございます」と日本語で少し照れたように笑い、「昨日より良くなった。やるべきことが明確だった」とコメント。金メダルの意欲については「もちろん金メダルはほしい。世界トップの選手たちと戦うし、出場選手はみな同じことを思っていると思う。できる限り頑張りたい」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請