天海祐希主演「緊急取調室」第3話世帯視聴率は9・1%

スポーツ報知
天海祐希

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系連続ドラマ「緊急取調室」(木曜・午後9時)の第3話が22日放送され、世帯平均視聴率が9・1%だったことが26日、分かった。

 初回は14・7%でスタート。第2話は13・4%。今回は4・3ポイント減だった。個人視聴率は4・6%。

 警視庁捜査1課の「緊急事案対応取調班」(キントリ)所属の刑事らが、容疑者の犯行動機に迫るシリーズ。2019年以来、2年ぶりのシーズン4に突入した。

 第3話は、世間が注目するボクシングのバンタム級タイトルマッチが、目前に迫ってきた。「大卒のプリンス」ともてはやされる現チャンピオン・加賀見光一郎(神尾楓珠)に挑戦するのは、元ボクサー・山内潔(阿南健治)に才能を見いだされ、デビュー戦以来4戦連続のKO勝ちを収めた元不良少年・石倉衆ニ(岡山天音)。ところが、対戦1週間前の会見が開かれた直後、事件が起こる…という展開だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請