「メンズノンノ」モデル豊田裕大、高校時代に対戦した八村塁の威圧感に「怖かった」

バスケットボールの魅力を語った豊田裕大
バスケットボールの魅力を語った豊田裕大

 「メンズノンノ」専属モデル・豊田裕大(22)は、バスケットボールの名門高校・静岡の藤枝明誠でシューターとして活躍した。練習試合で対戦経験がある日本代表・八村塁(23)の印象や競技の魅力を語った。

 「怖かった」。豊田は高校1年生の時、宮城・明成高で2学年上の八村と対決した時のことを鮮明に覚えている。「とにかく大きくて、動ける方。同じコートに立つと、威圧感をとても感じました」。中学時代にバスケ専門雑誌を通して八村の存在は知っていたが、コート上での存在感は別格。途中交代で出場した豊田も圧倒された。

 今も八村の試合を見るが、当時抱いた「身体能力が高く、チームの要」という印象とは「全然違います」と興奮気味に明かす。「今はスリーポイントをたくさん打ち、ドライブも仕掛けている。どんどん進化し続けていて、本当にすごいです」。現状に満足しない貪欲さこそ、トップアスリートたるゆえん。努力が垣間見られるプレーに、豊田はただただ感嘆するばかりだ。

 3歳からバスケを始めた豊田は、物心がついた時からプロを目指した。小学校・中学校で神奈川県の優秀選手に輝いた。高校は地元を離れて藤枝明誠に進学。厳しい練習や寮生活をやり遂げ、19年にモデルデビューするまでバスケに青春をささげた。

 東京五輪は八村を始め、NBAで活躍するプレーヤーが集結。「東京でトップレベルのプレーが繰り広げられることに魂が震えます。僕が現役の時にもやってほしかったです」と、無邪気に笑う。見どころにスピード感を挙げ「1秒、0・何秒で勝敗が決まる世界を楽しんでほしいです。漫画でもおなじみのスリーポイントやダンクは迫力があるので、見てほしいです」。(水野 佑紀)

 ◆豊田 裕大(とよだ・ゆうだい)1999年4月10日、神奈川県生まれ。22歳。2019年、メンズノンノの専属モデルオーディションを受け「ラボ シリーズ賞」を獲得。21年5月から中村倫也、菅田将暉らを擁する「トップコート」に所属。179センチ。血液型A。

明成高時代の八村塁
明成高時代の八村塁

バスケットボールの魅力を語った豊田裕大
明成高時代の八村塁
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請