【アイビスSD 競馬のミカタ】凱旋門賞の舞台でもあるパリの五輪で千直競馬が見たい

スポーツ報知
石川の右ステッキに応えたオールアットワンス(右手前)がライオンボス(左手前)をかわし重賞初V

◆第21回アイビスサマーダッシュ・G3(7月25日・芝1000メートル・新潟競馬場、良)

 掛け値なしにサラブレッドの走りは美しい。コーナーのない千直は、走る姿をただ堪能できるという意味でもファンを魅了してやまない。春の新潟開催で使われていなかったAコースで最内の進路を選択し、快速ぶりを見せつけたバカラクイーン(3着)と菅原明は、純粋にカッコよかった。

 いつも思うことがある。競馬も五輪の新種目に採用できないか? 突拍子もないと笑う人も要るかもしれないが、競馬は世界で広く行われている馬文化で、そのスピード感は人類共通の憧れでもある。男子100メートルではないが、誰が、何が1番速いのか? 知りたい願望はまさにスポーツのそれ。エネイブルとアーモンドアイどっちが速い? 世界で行われる競馬だが、一堂に会して行われるレースがないだけに国をかけてサラブレッドが競う場が五輪であったら素敵だし、その舞台が千直だったらなおさら面白そう。

 武豊も過去に公式ブログで「東京オリンピックに競馬を!」と題し、開催都市が追加種目を提案できる案が承認されたことを受け、「競馬も堂々と名乗りをあげてほしい、と本気で考えています」とコメントしている。次の夏季五輪(24年)は、世界最高峰のレース、凱旋門賞が行われるパリ。競馬を新種目に採用を。フランス国民の皆さま、ぜひ一考を。(松末 守司)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請