【アイビスSD】一昨年覇者ライオンボスは2年連続2着 鮫島克駿騎手「完敗でした。悔しいです」

スポーツ報知
2着のライオンボス(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第21回アイビスサマーダッシュ・G3(7月25日、新潟・芝1000メートル、良)

 サマースプリントシリーズ第2戦は16頭立て(ロジクライは出走取消)で争われ、1番人気の3歳牝馬オールアットワンス(美浦・中舘英二厩舎、父マクフィ)が石川裕紀人騎手を背に、先行していたライオンボス(鮫島克駿騎手)を交わすと、初の1000メートル戦で重賞初制覇を飾った。3歳馬の制覇は05年テイエムチュラサン、06年サチノスイーティー(いずれも牝馬)に続き、3頭目。勝ち時計は、54秒2。

 2年前の覇者で3番人気のライオンボスが3/4馬身差の2着。14番人気のバカラクイーン(菅原明良騎手)が最内枠から好ダッシュを決めると、他馬が外ラチ沿いに進路を求める中、ただ1頭内ラチ沿いを走り、3着に続いた。

 3連単は22万340円だった。

 鮫島克駿騎手(ライオンボス=2着)「韋駄天S(9着)の結果を踏まえて仕上げていただき、いい状態でした。前走の敗因は分かっていたので、自信を持って乗りました。考えていたベストのコースを通れたと思います。持ち時計のある馬で、こういう速い決着は合っていると思いました。勝ち馬は51キロでいいレースをしていました。欲を言えば、もう少し馬群が密集して併せる形なら、もっと頑張れたと思います。今日は完敗でした。悔しいです」

 和田正一郎調教師(ライオンボス=2着)「ジョッキーが出していって、やりたい競馬はできました。ただ、勝ち馬と6キロの斤量差が大きかったです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請