【DeNA】規定違反で謹慎処分受けた乙坂智が「5番・右翼」で実戦復帰  左脇腹炎症の浜口遥大も1か月ぶり先発

スポーツ報知
規定違反で謹慎処分受けた乙坂智が「5番・右翼」で実戦復帰

◆イースタン・リーグ DeNA―日本ハム(25日・横須賀スタジアム)

 イースタン・リーグのDeNA―日本ハム戦(横須賀)のスタメンが発表され、乙坂智外野手が「5番・右翼」で復帰し、先発のマウンドには約1か月ぶりに浜口遥大投手が上がる。

 乙坂は深夜の外出、飲酒などで球団の規定違反となったため、3日から自宅謹慎処分を受けていた乙坂。18日に謹慎が解除されて練習に合流し、この日から試合に復帰することになった。プロ10年目の今季、キャンプは2軍でスタート。開幕も2軍で迎えたが、4月25日の阪神戦(甲子園)で1軍に昇格したが17試合の出場で19打数4安打、打率2割1分1厘止まりで5月28日に再び登録抹消となっていた。6月12日の西武戦(横須賀)で左膝付近に死球を受けて途中交代。その後は試合出場がなかった。

 浜口は初の開幕投手を務め、14試合に登板して5勝5敗、防御率3・18と安定した数字を残していたが、6月25日の阪神戦(甲子園)で左脇腹を痛めて降板し、「左脇腹の炎症」と診断されて登録抹消となり、その後は登板がなかった。スタメンは以下の通り。

 【DeNA】

1(左)宮本秀明

2(遊)森敬斗

3(中)神里和毅

4(指)嶺井博希

5(右)乙坂智

6(三)小深田大地

7(捕)高城俊人

8(一)デラロサ

9(二)田部隼人

先発・浜口遥大

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請