【大阪】ドラフト候補の大阪桐蔭・池田陵真が高校通算24号を含む“サイクル超え”の4長打

4長打を放った大阪桐蔭の池田陵真
4長打を放った大阪桐蔭の池田陵真

◆第103回全国高校野球選手権大阪大会 ▽4回戦 大阪桐蔭22―0城東工科=5回コールド=(25日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 ドラフト候補の大阪桐蔭・池田陵真中堅手(3年)が“サイクル超え”の4長打で3試合連続コールド勝ちに貢献した。

 初回1死三塁で先制三塁打、2回は1死二塁で右翼へ適時二塁打、3回は1死満塁で3点二塁打を放ち、この回2度目の打席では左中間へ高校通算24号の2ランを放り込んだ。

 4回の5打席目で単打が出ればサイクル安打だったが、右飛に終わった。5打数4安打7打点の活躍に「道具を片付けている時に『シングル(ヒット)を打ってない』と周りから言われた。あまり気にするタイプじゃない」と、快挙への意識はなかったと明かした。

 今大会は3試合で通算11打数9安打10打点の打率7割5分の猛打。それでも「4回の攻撃で仕留めきれなかった。最後もしっかり攻め切れるだけの集中力、力をつけていきたい」と、反省を忘れなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請