堀米雄斗が持ち続けた夢…「アメリカに行って10億円稼ぐ」高校卒業と同時に渡米、世界最高峰舞台で快挙

スポーツ報知
トリックを決めてスケートボードを抱きしめて喜ぶ堀米雄斗(カメラ・矢口 亨)

◆東京五輪 スケートボード・ストリート男子(25日、有明アーバンスポーツパーク)

 22歳の堀米雄斗(XFLAG)が金メダルを獲得した。ここまで上り詰めた堀米の根底には、変わらず持ち続けた夢があった。

 高校入学時、聖進学院学院長の田上光徳さん(56)にまず確認したのは、スケートボードを持って登校しても良いかどうか。「学校が終わった後、北千住の練習場にスケートボードを持って行きたい。一度家に帰ったら練習量が減ってしまう。だからそれが許されるかどうかを教えてほしい」

 無事許可を得て入学した堀米は、その頃から「アメリカに行って10億円稼ぐ」と口にしていた。人並みでない質と量の練習で、在学中からしっかりと成長を続けた堀米は、目標通り高校卒業と同時に渡米。18年には世界最高峰の「ストリートリーグ」第1戦で日本人初優勝し3連勝の快挙を成し遂げた。

 努力し続けることの大切さを体現した堀米。初の東京五輪で獲得した金メダルは、また夢への大きな一歩となった。期待の22歳は「本当にすごくシンプルなんですけど、すごくうれしいです。地元・江東区で生まれ育って、スケボーだけしてきた。4-5年前にオリンピックが決まって、最初は(五輪開催が)遠すぎて出られるかも分からなかった。色々やってることを積み重ねるうちに近づいていって、今日本当にオリンピックという場所にたててうれしいです」と語り、「今回決勝に残っているメンバーは、世界でトップのプロスケーターたちが集まっていた。自分もできるかぎりのことをやろうとおもってランを攻めたが、ランではメイクできなくて心の中で焦っていた。でも諦めていなかったので、ベストトリックで切り替えられたのがうれしい」と喜びを語っていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請