【巨人】原辰徳監督、侍ジャパン戦「ベストを尽くします」フルメンバーで田中将大に立ち向かう

原辰徳監督 
原辰徳監督 

 巨人の原辰徳監督(63)が24日、侍ジャパン戦(25日・楽天生命)に勝ちに行く姿勢を示した。「目的はルールブックに書いてあるように、勝利を前提とするのが野球の基本。真剣勝負でいくことが正しいと思いますよ」と話した。日本代表にとって五輪前の最後の実戦となる強化試合。シーズン同様に全力で戦う。

 公式戦ではないとはいえ、胸と胸を突き合わせたガチンコ勝負の精神は不変。それが侍ジャパンのためにもなる。「ベストを尽くします。ベストのオーダーで。それが礼儀ですよね」。普段通り松原、丸、岡本和、ウィーラーらフルメンバーで打順を組み、相手先発の田中将大に立ち向かう。

 坂本不在の遊撃には4年目の湯浅が起用される見込みだ。21日の3チーム対抗紅白戦・リアルジャイアンツカップ(東京D)では3安打でMVP。原監督も「あれだけ勝負強くて守備も上手」と期待する成長株だ。投手も先発の直江に平内、古川ら伸び盛りの若手に登板の可能性がある。

 先日の球宴でも、真剣勝負の采配を見せてファンを沸かせた原監督。いい形で侍ジャパンを五輪に送り出す。(片岡 優帆)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請