叡王戦五番勝負が25日開幕 藤井聡太二冠は同郷のテコンドー・山田美諭の快進撃に刺激「自分も一瞬一瞬を大切に」

スポーツ報知
笑顔で会見する藤井聡太二冠

 将棋の第6期叡王戦五番勝負・豊島将之叡王(31)=竜王=対藤井聡太二冠(19)=王位、棋聖=戦が25日、東京都千代田区の神田明神で開幕する。

 現在、王位戦七番勝負でも激闘を繰り広げている両者(藤井王位が2勝1敗とリード)が同時進行で臨むシリーズ。タイトル保持者と挑戦者の立場の変化、2日制から1日制へ、持ち時間は各8時間から各4時間へ。異なる舞台設定での勝負になる。24日、両者は現地入りし検分や会見に臨んだ。

 初防衛を目指す豊島叡王は「藤井さんは大変な相手。過去に強敵と連戦を戦った機会を生かしたいです」と抱負。叡王戦のスポンサーを今期から不二家が担っていることについて「棋戦が無くなってしまうかもしれないと思う中、不二家さんに助けていただきました。良い将棋を指して恩返しをしたいです」とタイトルホルダーらしい言葉で感謝を述べた。

 奪取しての三冠を目指す藤井二冠は、五番勝負が東京五輪開催期間に行われることについて「叡王戦は五輪期間中になりますので、こちらも注目していただけるよう、対局者として熱戦を指せたら」と抱負。24日はテコンドー女子49キロ級で同じ愛知県瀬戸市出身の山田美諭(27)が準決勝に進出する快進撃を見せた。「同じ瀬戸市出身ということで刺激になります」。会見は3位決定戦の前に行われたが「え? 今夜が3位決定戦ですか!?」と逆質問をするなど興味津々の様子。勝負の世界を生きる者として、アスリートから受け取るものについて「スポーツは一瞬の集中力が問われます。将棋は持ち時間の長いことが多いですけど、緩まずに一瞬一瞬を大切にしたいです」と語っていた。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請