【楽天】投打ともに奮闘し、侍ジャパンに逆転勝ち 石井監督「いい機会だったと思います」

侍ジャパンに逆転勝ちし、ナインを迎える石井一久監督
侍ジャパンに逆転勝ちし、ナインを迎える石井一久監督

◆侍ジャパン強化試合 侍ジャパン3―5楽天(24日・楽天生命パーク)

 楽天が投打ともに輝きを放ち、侍ジャパン相手に逆転勝ちを収めた。

 先発・早川は初回に同僚の浅村に適時打を許すなど、いきなり3点を献上。それでも2、3回は3者凡退に抑え、3回3失点。2番手以降の岸、ブセニッツ、安楽、酒居、宋家豪、松井はそれぞれ1回無失点と好投した。

 打線は0―3の4回にオコエの二塁打をきっかけに1死三塁を迎えると、茂木の右犠飛で1点を返した。その後、2―3の6回は村林の適時打で同点に。8回は2死満塁からディクソンが中前へ2点適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

 石井監督は「誰が投げてきても一線級の投手が出てくるので、そういう意味ではみんなにそういう投手と対戦できる機会がなかなかないので、いい機会だったと思います」と振り返り、投手陣については「日頃から起用している勝ちパターンが投げて、失礼のない戦いができたと思います」とうなずいた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請