小池百合子都知事、五輪開会式「ピクトグラムの演出とても洒落ていた」

東京メディアセンター視察後、記者団の取材に応じる小池百合子都知事
東京メディアセンター視察後、記者団の取材に応じる小池百合子都知事

 東京都の小池百合子知事は24日、有楽町の「東京スポーツスクエア」内のメディアセンターを訪問し、大会ボランティア「シティーキャスト」らの活動を視察した。

 視察後、記者団の取材に応じた小池氏は、23日夜に出席した五輪開会式について「素晴らしい開会式だった。やはりドローンは圧巻でしたし、(全50競技を紹介した)ピクトグラムがとても洒落ていて、かつスポーツを全て紹介するという意味でも大変意義があったと思う」と特に“お気に入り”となった演出を明かした。

 聖火リレーの最終ランナーとなったテニスの大坂なおみ=日清食品=については「大会を象徴するような走りで、まさに希望の明かりが灯ったと考えている」と述べた。

 23日に国立競技場(新宿区)で行われた五輪開会式では、競技場上空でドローンが地球を描く演出や、パントマイムパフォーマーによる“実写版”のピクトグラムが国内外で話題となった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請