【楽天】早川隆久、侍ジャパン戦で3回3失点 1か月ぶり実戦登板

スポーツ報知
楽天先発の早川隆久

◆ENEOS侍ジャパン強化試合 侍ジャパン―楽天(24日・楽天生命パーク)

 楽天のドラフト1位・早川隆久投手が先発し、3回3安打3失点で降板した。

 コンディション不良などで再調整していたことから、6月20日・オリックス戦以来約1か月ぶりの実戦登板。初回は先頭・山田に四球を与えると坂本、吉田正に連打を浴び、いきなり無死満塁のピンチを迎えた。続く4番・鈴木誠には押し出し四球を与えると、浅村には右前へ適時打を献上。1死満塁では近藤に中犠飛を許し、この回3点を失った。

 それでも0―3の2回は菊池涼、山田、坂本を3者凡退。3回も吉田正を一ゴロ、鈴木誠を右飛、浅村を空振り三振で侍のクリーンアップを斬った。

 初回こそ40球を要したが、2回は8球、3回は9球で仕留めた左腕。計57球で、4回からは2番手・岸に交代となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請