【侍ジャパン】森下暢仁は2回1失点で侍デビュー

◆ENEOS 侍ジャパン強化試合 侍ジャパン―楽天(24日・楽天生命)

 3回から2番手で登場した森下暢仁投手は2回1安打1失点で調整登板を終えた。3回は3者凡退。4回にオコエの二塁打と暴投で1死三塁を招いて茂木に右犠飛を許したが、初コンビの甲斐とのバッテリーで本番に備えた。直球の最速は151キロ。カーブ、カットボール、チェンジアップとすべての球種を使って投球を組み立てた。

 トップチームは今回が初選出。“侍デビュー”を果たし、31日の1次リーグ2戦目のメキシコ戦(横浜)の先発に向けてステップを踏んだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請