【侍ジャパン】開幕投手の山本由伸が2回無失点の上々発進

侍ジャパン先発の山本由伸(カメラ・義村 治子)
侍ジャパン先発の山本由伸(カメラ・義村 治子)

◆ENEOS侍ジャパン強化試合 侍ジャパン―楽天(24日・楽天生命)

 侍ジャパンの先発マウンドに上がった山本由伸投手が2回を1安打無失点で2奪三振の好投を見せた。開幕戦となる1次リーグ初戦の28日のドミニカ共和国戦(福島)に先発予定の右腕が上々の仕上がり具合をアピールした。

 初回に先頭の小深田に右前安打を許したものの、オコエを3球三振、茂木を中飛に仕留めた。ここで女房役の甲斐が小深田の二盗を阻止した。2回も島内を中飛、ディクソンを見逃し三振、小郷を右飛に抑えた。

 直球の最速は150キロ。「大会が始まると、外国人が相手になるので、そういうのを想定して投げられたら」と話していた通り、カーブ、フォーク、カットと変化球も交えながら投げていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請