茂木健一郎氏、開会式の市川海老蔵を絶賛…「これで疫病退散!いかにもこのオリンピックにふさわしい!」

茂木健一郎氏
茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏が23日、自身のツイッターを更新した。

 茂木氏は東京五輪開会式の感想を連続ツイートした。「橋本聖子さんの挨拶、よかった!結果論になるけれども森喜朗さんから橋本聖子さんに交代されて、世界から見たら、ジェンダーや多様性の視点からよりよいかたちになったのかなと思う。もちろん森喜朗さんの功績はきちんと認めるべきだと思う。今は和解とつながりの時。ここから始まる」とつづった。

 さらに「五輪旗を、選手から受け取って、エッセンシャルワーカーの方々が運んでいったのは、とてもよかった。全般的に、日本人の生真面目さ、礼儀正しさが表れた印象的な開会式になっていると思う」と記した。

 また 歌舞伎俳優の市川海老蔵が「暫(しばらく)」の鎌倉権五郎に扮(ふん)して登場したことに「海老蔵さん、市川家の歌舞伎十八番の一つ、『暫』(しばらく)でにらんで、これで疫病退散!超人的な救世主の話。いかにもこのオリンピックにふさわしい!」と絶賛し、聖火リレーを「岩手、宮城、福島のこどもたちや、医師、看護師の方、パラリンピックの選手、そして最後の大坂なおみさんにつないだ聖火リレー、しみじみしたな。松井秀喜さん、王貞治さんとともに、長嶋茂雄さんの姿を拝見できたのが、とてもよかった。選手のみなさん、明日から頑張ってください!」とツイートした。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請