【DeNA】2軍で大貫晋一2回パーフェクト、エスコバー3者連続3球三振、今永昇太2回2失点

スポーツ報知
イースタン・日本ハム戦に登板して2回2失点だったDeNA・今永昇太投手

◆イースタン・リーグ DeNA4―3日本ハム(23日、横須賀スタジアム)

 DeNAは、イースタン・日本ハム戦(横須賀)で1軍から多くの主力選手が参加した。投げては今永昇太投手、大貫晋一投手、エドウィン・エスコバー投手らが登板、打線にも森敬斗内野手、関根大気外野手らがスタメンに名を連ねた。

 先発は今永。いきなり先頭の松本剛に四球を与えると、連打も浴びて無死満塁のピンチを背負った。清宮からは空振り三振を奪ったが、今川に左前2点適時打を許した。1死一、二塁から平沼を投併打に打ち取ると、勢いに乗った。2回はたった5球で三者凡退。軽快にベンチまで走って戻っていった。2回34球を投げて、3安打2失点だった。

 3回からは2番手・大貫が登板。2イニングを投げて、23球で1人の走者も出さないパーフェクトピッチングを見せた。圧巻だったのは5回に登板したエスコバー。田宮、杉谷、難波から3者連続の3球三振を奪い、9球で1イニングを投げきった。

 打線は2点を追う4回に、2死一、二塁の好機で益子京右捕手が中堅手の頭を越える2点適時二塁打を放って追いついた。さらに同点の7回2死走者なしから森が内野安打で出塁すると、二盗、暴投で三進。2死一、三塁で一塁走者の楠本が一、二塁間に挟まれる間に森が本塁に生還して勝ち越した。森が俊足で存在感を示した。8回1死三塁では伊藤裕が左犠飛を放ってさらに1点を追加した。

 6回はケビン・シャッケルフォード投手、7回は三上朋也投手、8回は平田真吾投手がいずれも1イニングを無安打無失点投球。2点リードの9回も砂田毅樹投手が1点を失ったが、リードを守って締めくくった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請