市川染五郎&市川團子、浅草神社で「八月花形歌舞伎」成功祈願

スポーツ報知
浅草神社を参拝した市川染五郎(右)と市川團子

 歌舞伎俳優の市川染五郎(16)と市川團子(17)が23日、8月に出演する歌舞伎座「八月花形歌舞伎」(3~28日)の第3部「三社祭」にゆかりのある東京・浅草神社を参拝した。

 「三社祭」は夏にぴったりの舞踊で染五郎が悪玉、團子が善玉を演じる。染五郎が「黒の衣裳もカッコいいし、小さいときからなんとなく悪玉を演じたいと思っていた」と言えば、團子も「善玉が大好きで、どちらかをやるなら善玉と思っていた」。これまでの共演でも「二人そろえていうセリフが事前に打合せしたかのようにタイミングが合うんです」と團子は相性の良さを強調した。

 同世代に向けたおすすめポイントを聞かれると「踊りや、小道具のお面も可愛いくて、あらすじを知らなくても楽しめる。悪玉と善玉のコミカルで独特な動きや清元の明るく楽しい曲調も魅力」と染五郎。團子も「踊りのテンポが速く、初めて観た人にも視覚的に楽しい作品。初挑戦だからこその全力で演じる明るさ、ハツラツさを見てほしい」と呼びかけた。

芸能

×