【楽天】銀次が新型コロナウイルス陽性判定…21日に発熱などの症状

スポーツ報知
銀次

 楽天は23日、銀次内野手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 球団によると21日の夜に38・1度の発熱、悪寒、頭痛の症状があり、22日とこの日は自宅待機。22日にPCR検査を受検し、陽性判定となった。現在、熱は36・7度に下がったが、喉の痛みがあるという。

 チームは毎日PCR検査、抗原検査を実施しており、銀次は今月20日にPCR検査を受検した際は陰性判定だったという。

 現在は濃厚接触の可能性がある選手、スタッフを自主隔離。この日楽天生命パークでの練習に参加している監督、コーチ、選手、スタッフが行った検査では計89人全員が陰性判定となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請