河野太郎氏、自身のワクチン2回接種後の副反応を報告「29時間経過。37.9度」…34時間後に解熱

河野太郎氏
河野太郎氏

 河野太郎ワクチン担当相が23日までに自身のツイッターを更新。21日にワクチンの2回目の接種を済ませたことを報告し、接種後の自身の体調などを克明に明かし続けている。

 河野氏は21日午前9時過ぎに2回目のワクチン接種を受けたと報告。ワクチン接種を受けている写真などを公開。同日午後3時には「6時間経過。前回と同じように、腕を上げると痛い」、同日午後9時には「12時間経過。打ったところが少し腫れて熱をもってる。前回ほど腕をあげても痛くない。念のため、おとな用冷却シートを用意した」と逐一、伝えた。

 日付が変わって22日の午前9時過ぎには「24時間経過。熱っぽい。はかったら37.4度。なんとなくあちこちだるい」と発熱を報告。さらに、同日正午頃には「27時間経過。37.6度まで上がってきた。うったところが腫れて痛いけれど、前回と違って腕上げてもそんなに痛みがない」。

 熱が最も高くなったという同日午後2時頃に「29時間経過。37.9度に上がってる。腰がだるい。うった場所の腫れはあるが、腕は上げられるようになってきた」。同日午後5時頃には「32時間経過。おう、37.0度まで下がった。まだ、熱っぽい気がするけど。うったところはまだ腫れてる。」と、詳細に自身の体調変化を明かし続けた。

 22日の午後7時頃には解熱し「34時間経過。36.9度。あとはうった場所の腫れだけになった。カロナールとロキソニンはみるだけですんだ」と報告。23日になり、午前6時頃に「45時間経過。36.6度。まだうったところが少し腫れてる」と明かしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請