カズレーザー、小林賢太郎氏のホロコーストを題材にしたコントは「不適切。許されない」

カズレーザー
カズレーザー
フジテレビ
フジテレビ

 タレントのカズレーザーが23日、スペシャルキャスターを務めるフジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)に生出演した。

 番組では、東京五輪・パラリンピック組織委が22日、開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」として統括役を務めていた小林賢太郎氏の解任を発表したことを報じた。

 過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を題材にしたコントを発表していたことが分かり、批判が広がっていた。組織委は開会式を予定通り開催するとの方針を示している。

 カズレーザーは今回の問題に「2011年の震災の時に海外のコメディアンの方が津波被害、災害のことを揶揄した発言して、それに対して怒りをもった日本人とか多くの方は、多くいたと思うんです」とした上で「越えてはいけないラインってどうしてもあるので、これは不適切だったと思います。これがうけたとて許されないことではある」とコメントしていた。

カズレーザー
フジテレビ
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請