前田健太と大谷翔平の対決にツインズのバルデリ監督も興奮「とてもエキサイティング」

大谷翔平(ロイター)
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ ツインズ―エンゼルス(22日・ミネアポリス=ターゲット・フィールド)

 ツインズの前田健太投手が22日(日本時間23日午前9時10分開始予定)、本拠地でのエンゼルス戦に先発登板する。エ軍の大谷翔平投手は「2番・DH」で出場する。

 試合前、オンライン会見に挑んだバルデリ監督は「野球ファンならば、いい選手を見たいもの。大谷をケンタがどう迎え撃つか、とてもエキサイティングだし、楽しみにしている。昨年のサイ・ヤング賞投票で2位の投手と、現時点で最高の打者。これ以上の対戦はない。球場であろうと、テレビ観戦であろうと、野球好きなら興奮するはずだ」と語った。

 大谷について、バルデリ監督は「まず、彼の才能は皆が称賛している。彼のやっていることは信じがたいレベル。こんなことは世界中で誰も出来ない。投げて、走って、打って、身体的能力の凄さは、感心の域をはるかに超えているし、その価値を真に認めている。こんなことは、この先、もう二度と見られないかもしれない」と表現した。

 注目の日本人対決に、球団も気合。広報のツイッターで「本物ではない先発オーダー」のハッシュタグを付け、「もし仮に…」と、前田が「2番・投手」に入ったフェイク先発オーダー表の写真を添えて投稿。前田の反応を問われた指揮官は、「(前田は)とびきりの笑顔で、もし本当にやるんだったら、準備しますよと言っていた。打撃用の手袋を持ってダグアウトに行き、打撃練習をすることをすすめておいたよ」と、裏話を披露。前田もすぐに広報の投稿をリツイートしており、ジョークが気に入った様子だ。もちろん、監督会見後に正式な先発オーダーが発表となった。両チームのスタメンは以下の通り。

【エンゼルス】

1(二)フレッチャー、2(D)大谷、3(左)アップトン、4(一)ウォルシュ、5(捕)スタッシ、6(中)マーシュ、7(遊)J・イグレシアス、8(右)イートン、9(三)メイフィールド

【ツインズ】

1(二)ポランコ、2(右)ケプラー、3(D)ドナルドソン、4(一)サノ、5(左)ラーナック、6(捕)ジェファーズ、7(三)アストゥディーヨ、8(中)セレスティーノ、9(遊)シモンズ、投・前田=右

試合経過

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請