【阪神】佐藤輝明、アーチェリー東京五輪日本代表・古川高晴先輩にエール 近大時代に隣で練習

佐藤輝明
佐藤輝明

 阪神の佐藤輝明内野手(22)が22日、近大の先輩であるアーチェリー東京五輪日本代表の古川高晴(36)=近大職=へエールを送った。古川は12年ロンドン大会で同種目男子個人銀メダルを獲得するなど、五輪5大会連続出場のレジェンド。佐藤輝は所属していた硬式野球部が隣で練習していたため接点があり「実際にお話をさせていただいたこともありますし、応援しています」。日の丸を背負い、23日に試合を迎える大先輩の偉大さを改めて実感している。

 自身も近大2年時に大学日本代表に選ばれてから、日の丸への思いはある。梅野、青柳など阪神のチームメートや、球宴で多くの日本代表選手に触れ「代表に選ばれて野球をやってみたい、という気持ちは強くなりました」と、さらに侍入りへの意欲を高めた。

 しかし、24年パリ五輪では野球が種目になく、28年ロサンゼルス五輪での復活も決まっていない。それでも「自分のやるべきことを継続して行い、結果を出していけるように頑張りたいです」ときっぱり。ますます技術を磨いて、WBCなど国際大会への選出をつかみ取る。(森脇 瑠香)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請