北澤豪氏が分析 0―0でもいい南アフリカのゲームプランを後半ようやく崩せた

後半、ゴール前に飛び込む林大地(カメラ・竜田 卓)
後半、ゴール前に飛び込む林大地(カメラ・竜田 卓)

◆東京五輪 サッカー男子1次リーグ 日本1―0南アフリカ(22日・味の素スタジアム)

 男子日本代表は、1次リーグ初戦で南アフリカを1―0で下し、白星発進した。後半26分、MF久保建英(20)=Rマドリード=が、強烈な左足シュートで決勝点。20歳1か月18日でのゴールは、00年シドニー大会のMF稲本潤一(41)=相模原=の20歳11か月30日の記録を抜き、日本の五輪史上最年少となった。南アフリカが新型コロナ禍に見舞われ、開催自体が危ぶまれた中、金メダル獲得へ好スタートを切った。

 * * *

 日本は、ぎりぎりでノルマを達成した。もし、0―0の引き分けに終わっていれば、決勝トーナメント進出が危うくなるところだった。

 立ち上がりから、日本のペースで試合が進んでいたようにみえるが、実は0―0でもいいというゲームプランを立てていた南アフリカのペースだった。後半26分に日本が先制し、ようやく南アフリカのゲームプランを崩すことができた。

 久保の決勝ゴールを呼び込んだのは1トップの林だ。前半からダイナミックなプレーを見せて、南アフリカのDFに「危険人物」と認めさせていた。得点の場面でも林は南アフリカDFを引きつけており、久保はフリーでボールを受けることができた。久保の力なら、寄せてきたDFを1枚ならはがすことができる。それぞれが持ち味を発揮した。

 守備の要の冨安がベンチから外れたことは意外だった。南アフリカ陣営にとっても想定外だっただろう。それは逆に言えば、森保監督の情報管理がしっかりできているということでもある。第2戦以降も全く気が抜けない戦いが続く。(スポーツ報知評論家・北澤豪)

試合詳細

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請