DF冨安健洋は前日練習で左足首負傷 森保監督「お話できる状況ではない」全治など明言避ける

この日ベンチ外の冨安健洋
この日ベンチ外の冨安健洋

◆東京五輪サッカー男子▽1次リーグ第1戦 日本1―0南アフリカ(22日・味の素スタジアム)

 日本代表の森保一監督が試合後の公式会見に出席し、ベンチを外れたDF冨安健洋の欠場理由について「昨日の練習で左足首を痛めたため」と明かした。

 指揮官は「今日の試合への出場を見送ることになりました。これから経過観察して次の試合に出られるかどうかというところで、痛み具合、コンディションを見て決めていきたい」と話した。

 この日の試合ではDF吉田麻也とDF板倉滉がセンターバックとして出場。ベンチにはDF町田浩樹が入り、後半途中から左サイドバックで出場し、DF瀬古歩夢はメンバー外だった。森保監督は冨安の全治などの症状を明かさず「今のところ、いつまでに戻るなどはお話できる状況ではない。次の試合は可能かもしれない」と語るにとどめた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請