【巨人】原辰徳監督、聖火でスイング!「金メダルまで届け」…63歳誕生日に大役果たす

聖火の点火セレモニーでトーチを手にポーズをとる原監督(カメラ・中島 傑)
聖火の点火セレモニーでトーチを手にポーズをとる原監督(カメラ・中島 傑)

 巨人・原辰徳監督(63)が22日、都内で東京五輪の点火セレモニーに参加した。緊急事態宣言下のため公道は走らず、トーチキスでのリレーとなった。

 この日の“第一走者”として壇上に上がり、青木目黒区長から引き継いだ聖火をすぐ次の走者へつないだ。その走者が投球のしぐさを見せると「ヤーッ!」と聖火のともったトーチでスイングを披露。「金メダルまで届け」と願いを込めた。

 出場するアスリートへ「日の丸を背負って、この上ない最高の東京五輪という舞台でベストを尽くしてベストの記録を出し、どうか金メダルをたくさん取れるように、日本国民として尊敬と羨望のまなざしで声援をたくさん送ります」とエールを送った。侍ジャパンについても「野球人として特別な世界がどうしてもある。全員の力を結集して、金メダルを目指してもらいたい」と熱い期待をかけた。

 大役を終え「つなげてきてもらって、明日から(五輪が)開幕できる。自分も少し役割を果たすことができたのは、大変ありがたいことだし光栄なこと」とホッとした様子。自身の63歳の誕生日も重なり「私の中では、非常に記念になる1日になったね」と笑顔を輝かせた。(西村 茂展)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請