“日の丸ホープス”佐藤希未「最後の全国、優勝を」1次リーグ全3戦を1セットも落とさず完勝

佐藤希未
佐藤希未

◆報知新聞後援 卓球 全農杯全日本選手権 ▽ホープス・カブ・バンビの部 第1日(22日・グリーンアリーナ神戸)

 男女ともにホープス(小学6年以下)、カブ(同4年以下)、バンビ(同2年以下)の3部門で競われる全農杯。新型コロナウイルス感染拡大防止を理由に2020年大会は中止となったため、2年ぶりの開催となった今大会には、各地の予選を勝ち抜いた小学生987人が全国から集まった。

 初日の22日は女子の1次リーグを実施。注目を集める「2021年度 ホープスナショナルチーム」メンバーの佐藤希未(6年、TKOクラブ)は、パワフルな回り込みドライブで相手を圧倒し、3試合で1セットも落とさずに完勝。「最後の全国、優勝できるように頑張りたい」と力を込めた。

 大会に特別協賛する全農の広報・調査部の新妻成一部長は、「アスリートの活躍を『ニッポンの食』で支えるが全農のスローガン。皆さんもしっかりと食べて海外で活躍できる選手を目指して頑張ってください」とあいさつ。特設ブースでは、会場の子供たちから寄せられた、東京五輪卓球日本代表への応援メッセージが書かれた絵馬が展示された。

 また、卓球女子東京五輪代表の石川佳純(28)=全農=からのビデオメッセージも上映。小学2年生から同大会に出場していた石川は「初めて優勝できたのは6年生の時。この大会で学んだ、困難な状況でも諦めずに戦い抜く気持ちは今でも私の原動力です」と自身の経験を明かし、選手たちに激励の言葉を寄せた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請