久保建英、前半はシュート決めきれず…南アフリカの粘り強い守備崩せず0―0で後半へ

前半、シュートを外す久保建英(カメラ・竜田 卓)
前半、シュートを外す久保建英(カメラ・竜田 卓)

◆東京五輪 ▽サッカー男子1次リーグA組 日本―南アフリカ(22日、味の素スタジアム)

 金メダルを目指すU―24日本代表は、1次リーグ初戦でU―24南アフリカと対戦。前半を0―0で終えた。

 日本は試合開始直後からボールを支配し攻撃を展開。前半15分、左からのクロスのこぼれ球を拾ったMF久保建英が左足を振り抜いたがゴール右に外れた。同32分にはMF三好康児がGKとの1対1の絶好機を迎えたが、相手守護神が好セーブ。2分後の同34分にMF堂安律のシュートに反応したFW林大地がネットを揺らしたが、判定はオフサイドだった。

 前半45分間のほとんどを攻め続けた日本だったが、南アフリカの粘りの守備にも阻まれ最後まで1点が遠かった。

試合速報

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請