【埼玉】昌平・吉野創士が高校通算56号2ラン、人生初のヘッドスライディングで生還 逆転サヨナラ8強

スポーツ報知
9回1死二、三塁から川田のセーフティースクイズを見て、ヘッドスライディングで生還した昌平・吉野

◆第103回全国高校野球選手権埼玉大会 ▽5回戦 昌平8×―7武南(22日・レジデンシャルスタジアム大宮)

 今秋ドラフト候補の昌平・吉野創士中堅手(3年)が、高校通算56号と野球人生初のヘッドスライディングで逆転サヨナラの8強進出に導いた。

 1点を勝ち越された直後の9回。先頭の吉野は左翼ポール際の大ファウルに笑みを浮かべた。「巻いてないですか」と高橋球審に確認。「自分は追い込まれるだけ楽しさが増す。全然、余裕だった」。仕切り直し、1ボール2ストライクから次の5球目。左翼線二塁打を放ち、塁上で拳を突き上げた。

 1死二、三塁となり、川田悠貴捕手(3年)の一塁前のセーフティースクイズで、吉野は50メートル6秒3の俊足を飛ばし、本塁突入。無我夢中で頭から滑り込んだ。間一髪セーフ。「ヘッドスライディングは初めて。走っている間に『ヘッスラでしょ』『ヘッスラでいくしかない』と思った」。ユニホームを真っ黒にして、同点の雄たけびを上げた。

 さらに1死二、三塁からのスクイズは外角高めに外され、空振りしたが、ボールが後ろにそれ、大園陽大(2年)の本盗でサヨナラ勝ちを決めた。

 プロ4球団のスカウトを集め、吉野は初回1死二塁では左翼席後方の防球ネットに当たる今夏1号の特大2ラン。楽天・沖原スカウトを「リストが強く、打球の角度がいい」とうならせた。背番号8は「1打席目のホームランで、今後の試合に自信ができた。ここからが本当の戦い」と甘いマスクを引き締めた。(雑誌『報知高校野球』取材班)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請