【ロッテ】育成・森遼大朗がエキシビジョンマッチで1軍初登板も 吉井コーチ「チャンスを与えたい」

ロッテ イメージ  ロゴマーク
ロッテ イメージ  ロゴマーク

 ロッテの育成4年目右腕・森遼大朗投手が“1軍初登板”する可能性が出てきた。

 チームは22日にZOZOマリンで全体練習を行い、吉井投手コーチが「1軍の練習試合のときにどこかでチャンスあれば。再来週の火曜日ぐらいが一番彼のローテ的には合ってるんですけど。本当に頑張っているのでチャンスを与えたい」と明かした。

 17年育成ドラフト2位で入団し4年目。今季は2軍で13試合に登板しチームトップの7勝(1敗)を挙げ、防御率2・22をマーク。20日のイースタン・日本ハム戦(鎌ケ谷スタジアム)では完封勝利を挙げるなど支配下登録へ向け前進している。吉井投手コーチも「背番号123で1軍では投げられないけど、今は2軍のエースなので」と誇る。

 8月3日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)で中継ぎとして“1軍初登板”する可能性が高い。1軍選手との対戦で念願の支配下登録へ猛烈にアピールする。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請