カシメロ「リゴンドーを引退させる」  井上尚弥、ドネアには「私とは戦いたくないはず」と挑発

リゴンドーは自身のインスタグラム(@rigoelchacal305)でトレーニングで懸垂写真を掲載
リゴンドーは自身のインスタグラム(@rigoelchacal305)でトレーニングで懸垂写真を掲載

◆プロボクシング ▽WBO世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ジョンリール・カシメロ―ギジェルモ・リゴンドー(8月14日=日本時間15日、米国カリフォルニア州カーソン ディグニティ・ヘルス・スポーツ・パーク)

 WBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)が21日(日本時間22日)、対戦相手のWBA世界同級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)とオンライン記者会見に臨み、「リゴンドーを引退させる」と豪語したうえで、その先の対戦が予想されるWBA&IBF世界同級統一王者・井上尚弥(大橋)、WBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)らの名前を挙げて「彼らは怖がって私とは対戦しないかもね」と改めて挑発した。

 「闘う準備はできている。ドネアは私と闘いたくなかったようだ。リゴンドーは経験豊富で、素晴らしい試合になるだろう」とカシメロ。2004年アテネ五輪バンタム級金メダリストで、プロではバンタム級、スーパーバンタム級の世界2階級を制覇した40歳に対し、敬意を表しながらも「足を使わないでほしい。私は彼を圧倒する。8月14日に私が勝ったあと、リゴンドーは引退するだろう。フィニート(おしまいだ)!」などと刺激した。

 返す刀で、勝った場合に対戦が有力な井上とドネアにも斬りかかった。「ドネア、井上らと闘うことになるだろうが、たぶん、この2人は私を怖がっていて、私と戦いたくないのかもしれませんよ」と強気な姿勢は崩さなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請